MENU
当サイトのTOPに移動 院長・スタッフ紹介 つばきのご紹介 診療案内 Q & A 当院までのアクセス
こどもの治療
小児歯科として 治療方法について どうして虫歯になるのか? お子様の歯を強くするために 歯並びが悪くなる原因 矯正治療について 矯正装置のいろいろ フッ素・シーラントについて ママの仕上げ磨きワンポイントアドバイス
おとなの治療
一般歯科 歯のホワイトニング ホワイトニング診療の流れ ホワイトニング内容・費用 義歯(入れ歯)、その他審美治療 ホワイトニング審美 Q&A 訪問診療について
ソーシャルネットワーク
つばきニュース
小児歯科つばきオフィシャルTwitter
小児歯科つばきオフィシャルFacebook

福岡県宗像市の歯医者さん(小児歯科・歯科歯科) 医療法人 天幸会 小児歯科つばき

診療時間 9:00~12:00 / 14:00~19:00
☎0940-35-2852
HOME院長・スタッフ紹介つばきの紹介診療案内Q&Aアクセス
ソーシャルネットワーク
つばきニュース
小児歯科つばきオフィシャルTwitter
小児歯科つばきオフィシャルFacebook
つばきニュース
ようやく涼しくなってきましたね
2020年09月16日 UP

こんにちは!

少しずつ気温や湿度も下がってきて、過ごしやすい気候になってきましたね!

体調を崩しやすい季節の変わり目ですが、風邪には十分お気をつけくださいね。

 

 

今回は自費診療についてのお話です。

歯科治療には「保険診療」と「自費診療」の二種類があります。

 

「保険診療」

 健康保険が使える治療の事。

 厚生労働省が定めた制度であり、

 全国一律のご自身毎の負担金で治療を受けることができます。

 虫歯や歯周病など基本的な治療は、保険診療でカバーできます。

 しかし、かぶせ物の種類や入れ歯の設計など選択肢が限られています。

 

「自費診療」

 保険診療よりも審美性や快適性・性能面に配慮した治療内容の提供を行うものです。

 また、矯正治療やホワイトニング等も自費診療です。

 

⇩当医院での取り扱いの一部のご紹介⇩

 

◇詰め物(インレー・アンレー)

 保険診療で作製できるのは、メタルを使用したもの。

 自費診療で作製できるのは、ゴールドやセラミック・ジルコニア

 

 ゴールドは歯との適合に最も優れており、比較的虫歯の再発の可能性が低いのが特徴です。

 割れたり錆びるということもなく、摩耗にも強いため長持ちします。

 しかし色が目立ち、稀に金属アレルギーが出ることがあります。

 

 セラミックは天然の歯にそっくりな色合いのため、自然な仕上がりになります。

 詰め物自体の変色や変質がほとんどなく、

 歯茎への着色やアレルギーなどもあまりありませんが、

 極端に強い衝撃や歯ぎしり、噛みしめにより割れることがあります。

 

 ジルコニアはセラミック同様白い詰め物で、強度に優れています。

 

◇被せもの(クラウン・差し歯)

 保険診療ではメタルで作製されるものが主ですが、

 部位によっては保険診療で白い被せもあります。

 自費診療では、ゴールドやご自身の歯の色調に合わせた白い被せが出来ます。

 プラークが付着しにくく、適合も良い為、変形や変色、すり減りが起こりにくいのが特徴です。

 

また、義歯(入れ歯)にも自費診療でできるものがあります!

保険義歯に比べて、自費作製の義歯は金属のバネの使用部分が少ないため、

見た目が自然で美しい仕上がりになるのが特徴です。

また、義歯を入れた際の違和感が少なく、噛みやすいとのご好評を頂いております。

 

自費治療は、欠損歯の部位や本数によって価格が違いますが、だいたい10~25万円です。

 

 

歯は一生付き合っていかなければならないものですが、一度削ると再生しないもの。

それぞれのメリット・デメリットをご理解いただき、納得のいく治療を選択して下さい。

 

当院では、必要に応じて保険治療と自費治療の両方をご説明しています。

これは保険・自費を問わず、患者様にどのような治療方法があるかをお知らせするためです。

患者様の価値観、お口の中の状態、生活習慣は人それぞれ違うため、

ご自身に合った治療選択をして下さい。

 

 

今回は歯の被せものや義歯のみ紹介いたしました。

ホワイトニングやマウスピース類の作製も行っておりますので、

お気軽にお問合せくださいね☎


蒸し暑い日が続きますね
2020年08月18日 UP

こんにちは!
最近は梅雨も明けて、夏らしい暑さと青空が続くようになりましたね☀
コロナの影響もあって外出時もマスク着用の方がほとんどだと思いますが、
熱も籠りやすいので熱中症には気を付けてくださいね

今回はお子さんの『ついやってしまう癖』についてのお話です。
この癖次第で、将来的な歯並びや咬み合わせが変わってくることも!?




お口の中は唇・頬や舌など色々な筋肉があり、歯並びはその筋肉のバランスで決まります。
日頃の癖でこのバランスが崩れることで、歯並びや噛み合わせに乱れが出てしまいます。
この記事では、『舌の癖』と『口呼吸』の2つをご紹介します。

 
◆舌の癖 とは
 たとえば乳歯の前歯が抜ける時期、出来た隙間に舌を入れて遊ぶようになることがあります。
 他にも、口唇の弛緩により舌が前に出てきたり、
 乳児嚥下(授乳の際に口を開けたまま嚥下すること)の名残などが舌の癖としてあらわれます。
 こういった癖が続くと、歯並びや咬み合わせだけでなく、
 発音や飲み込みに影響が生じる可能性があります。
 
◆口呼吸
 口呼吸は何気ない生活習慣や環境から自然に形成されており、
 多くのお子さんに見られる癖です。
 口呼吸によって雑菌が直接口の中に入る事による全身の健康面のトラブルだけでなく、
 正しい位置に舌が置けないことで、口周りの筋力や機能が低下する原因にもなってきます。
 それにより、歯並びの乱れが生じてきます。
 扁桃腺が大きかったり、アレルギー疾患があり鼻呼吸の難しいお子さんには、
 耳鼻科受診をお勧めすることもあります。



舌の癖も口呼吸も改善のためには、親御様の日常習癖への御理解や、
お子様への「何故直さないといけないのか」という説明、意識付けが大切になってきます。
特に口呼吸は、コロナの影響でマスクをつけて過ごすことが多くなったため、
これから先、要注意となってくるでしょう。
 
上記の他にも『指しゃぶり』や『爪噛み』、『下唇を吸う・噛む・巻き込む』と言った癖だけでなく、
『全身の姿勢』や『就寝時の体位』等、歯並びに影響を及ぼす可能性のあるものは十人十色で様々です。


 
当院ではこういった癖に対し、ご本人一人一人に合った改善策を提案しております。
早期に気づいて癖を除去することで、歯並びや咬み合わせが改善することもある為、
「うちの子、こんな癖があるけど大丈夫かな?」と気になることがあれば、いつでもご相談ください!✨





【参考】
  『デンタルハイジーン こどものみかた まるわかりブック』
  『歯科衛生士教本 小児歯科』
 


next page

〒811-4173福岡県宗像市栄町3-4 三栄ビル
TEL / FAX0940-35-2852
診療時間9:00~12:00 / 14:00~19:00
診療時間日祝
9:00~12:00
14:00~19:00
月曜日から日曜日まで毎日診療