TEL:0940-35-2852

福岡/宗像市 小児歯科 歯科 矯正歯科

歯っぴーコラム

     facebook ・ twitterもご覧ください!
Mobile Site

VOL7:電動歯ブラシって子供にも使っていいの?

いろいろなメーカーから高性能の電動歯ブラシが発売され、ドラッグストアや家電量販店のコーナーを眺めるだけでも楽しいものです。
しかし、ほとんどの商品は大人を対象に開発されているので、そのままお子様に使用するのは無理があるようです。
そこで、最近は赤ちゃん用や子供用の商品も登場しました。
電動歯ブラシを使用したい・・・という場合、その理由が「手で磨くよりラクそうだから」という方も多いでしょう。
でも、まず手用歯ブラシで仕上げ磨きに取り組んでみて、お子様のどのへんの歯に汚れがたまりやすいのか・どういう角度や強さで歯ブラシを動かせば奥歯がきれいに磨けるのか・・・
といった試行錯誤を経てからの方が、電動歯ブラシをより有効に使えると思います。

適応は

  1. 歯や歯ぐきをより健康に保ちたい
  2. 子供が電動音や振動を嫌がらない

ということでしょう。

使い方はかかりつけの歯科医や衛生士に相談してみて。

Be happy

VOL6:歯がはえてきたので歯ミガキしてあげたいのですが、とても嫌がります。どうしたらいいの?

赤ちゃんのお口は、身体にとって安全・有益なもの、発達にかなったものしか取り込まない仕組みがあります。酸味・苦味・腐敗臭・飲み込めない固いものなどは、お口とその周りの敏感なセンサーが反応して、反射的に拒絶したり吐いたりします。ですから、いきなり歯ブラシが入ってくれば拒絶するのは当たり前なのです。

大切なのは急がないこと、やさしい感覚刺激から始めてみてください。
離乳開始の頃から気持ち良い範囲での感覚体験が続けば、無理なく楽しい歯ミガキに移行できるでしょう。
とくに肌の接触感覚は赤ちゃんが受け入れてくれやすいので、ガーゼや歯ブラシを使うまえに、手のひらや指を使ったマッサージから始めてみましょう。
ほっぺなど抵抗のないところから除々に口元へ、赤ちゃんがなれてきたら唇やまだ歯のはえてない歯ぐきなどにもしっかりしたぬくもりを伝えてあげてください。
愛情いっぱい込めて、安心感と心地よさを体験することから口腔ケアのスタートです。

Be happy

VOL5:“小児歯科”ってどんなところ?

むし歯の子供が溢れていた昭和50年代頃までは、歯科医は削ったり抜いたりの処置に明け暮れていました。
シーラントやフッ素などの予防方法が確立し、何よりもお母さま方の歯科知識の向上により、小児歯科は「むし歯を治すところ」から「むし歯を予防し、健康なお口を育てるところ」になりつつあります。

私たち小児歯科医師の本来の役割は「口腔育成」なのです。お父様やお母様と同じ気持ちで、お子様のお口の機能を健康に育てていきたいと願っております。成長・発達の段階で、より早期に異常や問題点を見つけ、解決していくには定期的な観察・指導が必要です。

1歳半検診と3歳検診、年に一度の学校検診だけで大丈夫?
特に、語彙ごいが増える3~5歳(この時期はむし歯がいっきに増え始める頃でもあります。)
歯列の異常が出現しやすい7~10歳にかけては、年に3~4回の定期検診をお勧めします。

Be happy

VOL4:子供の“歯の痛み!?”について

子供の口の中の感覚・知覚はまだ大人のように繊細ではありません。
「お母さん、歯が痛い!」と訴える時、実際には痛がっているのは歯ではないことも多いものです。
小さいお子様の場合は「歯を痛がる」という主訴で来院された患者さんの約8割はむし歯以外の原因です。
その原因で多いのが・・・・

口内炎・・・
アフタとよばれる有痛性の口内炎。乱暴な歯ブラシの取扱い等で、歯肉に小さな傷がついてしまい炎症が起こったもの
萌出性の歯冠周囲炎・・・
Eという最後の乳臼歯がはえてくる時の歯肉の炎症。6歳臼歯の萌出期も起こりやすいです。
急性歯肉炎・・・
歯と歯の間に食べ物のカスが入りこんだままになっており、一時的に患部の歯肉炎を起こした状態

いずれにしても、素人判断せずにかかりつけの歯科を受診して、適切な処置を受けましょう。

Be happy

VOL3:『なくて七癖』といいますが・・・・。

誰しもいろんな癖があります。
口元にも意外な癖がひそんでいます。
代表的なものには指しゃぶりや爪噛み。
他にも咬唇癖こうしんへき(いつも上の前歯で下唇を咬みこんでいる)や舌癖。
えくぼだって実は口元の筋肉の癖なのです。
お口周りの癖は、歯並びや噛み合わせと深く関係しています。
専門医で歯並び・噛み合わせを診てもらうと、その人の持つお口周りの癖まで言い当てられてしまうでしょう。
けれども、頭ではわかっていてもなかなかやめられないのが癖。
小さいお子様だとなおさらですね。
あまりに癖の力が強く、将来噛み合わせや歯並びに悪影響を及ぼすのが明らかな場合は、強制的に癖をやめさせる装置を使うこともあります。

Be happy

  • 癖が強すぎる子の横顔です
  • 上の前歯で下唇を噛みこんでいる癖が強すぎて前歯がこんなにでてしまいました
  • 強制的に癖をやめさせる装置です

VOL2:歯医者さんデビューっていつから!?

乳歯をぶつけてしまいました

脱臼歯の固定

こんにちは。
生後半年くらいで可愛い乳歯が生えはじめ3才くらいで全ての乳歯(20本)が生え揃います。
小学生になる頃から乳歯は永久歯への生え変わりを迎え、全ての歯が永久歯になるのは中学生になる頃です。
身体の健康維持の為にも歯の役割は大きいもの。
定期的に歯科を受診して、適切なケアや口腔内管理をお勧めします。
私どもの医院で統計をとったところ、歯医者さんデビュー(平均2才)のきっかけとして最も多いのが“外傷”です。
「転んで口の中を切った」とか
「歯をぶつけて折れちゃった」とか・・・。
卒乳の遅れからの乳歯多発性う蝕(むし歯)も増加傾向にあります。
1才半くらいからの検診管理をお勧めしています。

Be happy 

VOL1:呼吸のはなし

口呼吸の影響で上下の前歯がうまく咬み合いません。

こんにちは!はじめまして。
今日は呼吸のはなし。
私達は日々生きていくために呼吸をしています。
この”呼吸”と噛み合わせは密接に関係しています。呼吸様式は正しくは鼻呼吸でなければいけません。
みなさん、TVを観ている時や、授業中の自分の顔・姿を思い浮かべてみて・・・
口が半開きで首が後ろに倒れ猫背になっていませんか?
思いあたる人は要注意!! そんな時は鼻で呼吸するのではなく口呼吸になっているかも!?
花粉症などのアレルギー性鼻炎で口呼吸になってしまっているお子様が増えてきているのも心配です。
正しい噛み合わせと歯並びの為に、自分の呼吸様式を確認してみて。

Be happy 

トップページへ戻る