TEL:0940-35-2852

福岡/宗像市 小児歯科 歯科 矯正歯科

治療方法について

     facebook ・ twitterもご覧ください!
Mobile Site

治療方法について

ラバーダム

  • 治療中にだ液などが混じらないよう乾燥した状態を保ちます。
  • 口唇や下、頬粘膜を器械や薬物などで傷つけないようにします。
  • 急にお口を閉じたりしないためでもあります。

麻酔について

  • 注射麻酔の前にゼリー状の表面麻酔を粘膜に塗布することによって、刺入時のチクッとした痛みをやわらげます。
  • 麻酔時の痛みは薬液注入時の血管収縮によるものです。薬液と体温の温度差をなくすために、麻酔液を温めて使用しています。
  • 注射針も最小サイズのものを使用しています。

定期検診について

  • 乳歯はむし歯になりやすいうえ、一度むし歯になってしまうと進行が早く、あっという間に大きなむし歯になってしまいます。できるだけ早く見つけて初期のうちに治療するのが大切です。むし歯の早期発見のためにも「定期検診」を受けましょう。
トップページへ戻る